トロフィー攻略DE.com > FF13-2 >

攻撃力最強の赤チョコボ育成例:おすすめアタッカー

攻撃力最強の赤チョコボ育成例:おすすめアタッカー

誰でも入手でき作り直せる赤チョコボを強化してみた。
鎧通し無しだが攻撃力1600超え
3体までストック可なのも魅力。

キチューがもったいなくて強化できない。
オメガはもう有料。お金出したくないよ!

という人にもピッタリなのが攻撃力最強の赤チョコボ

▼目次
最終能力
育成手順
必要モンスターの出現場所

スポンサードリンク

攻撃力最強赤チョコボの最終能力

▼赤チョコボの出現場所
アルカキルティ大平原:東部:南:晴れ

Lv99:HP6158,攻撃1634,魔法554
力全振り:Lv.21~54、56~59は万能振り
ATBLv6

【耐性】
火:耐性、被ダメージ8~9割減
氷:弱点、被ダメージ2倍
耐性についてはこちら

赤:ブレイク持続UP改
黄:HP+30%
黄:物理攻撃+35%
黄:アスピル系回復UP改
黄:攻撃してATB回復

白:魔法耐性+36%
白:物理耐性+36%
白:ロール同調
白:チェーンボーナスUP改
-残り1枠はご自由に-
白:火耐性+45%

各種異常耐性+40%
オートブレイブ
アンサンブル等

「ブレイブ対抗」「ヘイスト対抗」持ち

【追加コマンドアビリティ】
チェーンスターター
バックスタブ
ルインガ
ハイボルテージ
ブレイクチェーン


物理耐性無しの敵モンスターなら赤チョコボ!
モーションも速く文句なし。攻撃力の数値はアタッカー最高?
空中の敵にも飛びあがって物理攻撃!
一撃のダメージはキチュー・オメガ以上(`・ω・´)キリ

まぁ実践の使いやすさで言うと
鎧通し持ちのキチューに負けちゃうけど、
それでも十分過ぎるほど強力
デコレーションもよく似合うし(*´ω`*)

ボス戦の場合は、開幕入れ替え用の「紫チョコボ」を
使ってオート○○をかけて出すのが無難。

育成手順

よくわからない人は、この通りの手順で行う事をお勧めする。
あくまで一例に過ぎないので参考程度に。
事前にセーブしておき、間違った場合はタイトルに戻ればおk。

1、まずマッドフロッグ先生にアビリティを付ける

まずはマッドフロッグをLv19以上にする。
隠しアビリティ:ブレイクチェーンの足しにもなる。

1,マッドフロッグLv19←チュネルペトンLv2
2,上記のマッドフロッグ←フェヒター型Lv18※1黄「アスピル系回復UP改」
3,上記のマッドフロッグ←ランツクネヒト型lv1
4,上記のマッドフロッグ←ランツクネヒト型lv1で黄「攻撃してATB回復」
5,上記のマッドフロッグ←トンベリLv24で白「物魔攻撃+35%」
6,上記のマッドフロッグ←ニャオマオLv23で白「魔法耐性+36%とHP+25%」
⇒ ここで「魔法攻撃+35%」が押し出されたはず。

※1,チュネルペトンLv45でも代用可。

途中経過
赤:5つ
黄:物理攻撃+35%
黄:アスピル系回復UP改
黄:攻撃してATB回復

白:魔法耐性+36%
白:HP+25%

この状態になっているはず。
チュネルぺトンを使った場合は多少異なるが問題無し。
このマッドフロッグはしばらく置いておこう。

2、赤チョコボを成長させる

赤チョコボをLv99まで成長させる。
最低でもレベル30以上にしておき、火耐性+45%まで覚えておく。

できれば『力の~』全振り
ボーナスは『ATBレベルアップ』を選択。

Lv.21~54、56~59は万能振りで育てた方が良いらしい。
このレベルの成長は力・万能を使っても
攻撃力の上がりは変わらない模様。
だったらHP・魔力も上がる万能を使った方が得とな。

例:Lv20になった後に万能を使ってLv21へ。
Lv55になった後に万能を使ってLv56へ。

力のクリスタルの稼ぎ方

・アルカキルティ大平原:雷以外
FS:バトルマニアON
でよく出現するモブリン達を狩ると速い。
力のクリスタルはここで放置稼ぎ可(例)

3、必要なアビリティを赤チョコボに付ける

1、上で育てた「赤チョコボLv99」に「エーゲル自律機雷Lv30」で白「ロール同調」
⇒「バックスタブ」「チェーンスターター」を継承。
2、上記の「赤チョコボ」←「タバスコガマLv68」で白「物理耐性+36%」「物理攻撃+20%」
3、上記の「赤チョコボ」←「ジュエンダンLv30」で白「チェーンボーナスUP改」

これで赤チョコボ側の準備もOK。

4、赤チョコボとマッドフロッグを合体!

最初に作ったマッドフロッグを継承させ、HP+30%を付けて完成!

1、上で作った「赤チョコボLv99」←最初に作っておいた「マッドフロッグLv19」
⇒「ブレイクチェーン」を閃く
⇒ほぼ完成が見えているはず。
2、上記の「赤チョコボ」←「ネコマタLv54」で黄「HP+30%」

残り1枠に「各種異常耐性+40%」を入れたい場合、
ネコマタではなく「ネクローシスLv72」にする。

5、残り1枠

火耐性+45%が一番下に残っているはず。
このままでも十分だが用途に応じて以下のアビリティもお勧め。
とりあえずこれで使ってみて
気になった点を補えるアビリティを付けるのがベスト。

≪各種異常耐性+40%≫
状態異常耐性が上昇。DLC戦の安定感アップ。
⇒ネクローシスLv70:ヤシャス山AF01X:レア

≪オートブレイブ≫
開始時60秒攻撃力約1.7倍
普段のザコ戦や1分程度で終わる戦闘で効果大。
エンハンサーを育成予定、済みなら不要。
⇒ナラシンハLv29:ヤシャス山AF01X:レア

≪オートガッツ≫
開始時60秒ひるみにくくなる。
チョコボ系は怯みが目立つので付けておくと安定。
ただし開始時に戦闘に参加していないと意味無し。
⇒のつごLv13:ビルジ遺跡-005年:レア

≪アンサンブル≫
チョコボ3匹でレイドを組むとダメージ30%増加。

ブラスター青チョコボ
エンハンサー紫チョコボ
と非常に相性が良いのでお勧めしたいが・・・

本編のみのプレイの場合1度きりしか継承できず、
使用したモンスターも二度と手に入らないので注意。

1,ピコチューLv1←トリフィドLv1で白:風耐性+10%
のピコチューを用意。

2,特性アビリティの何も無いモンスターに、
トリフィドを2回継承させて黄鍵:風耐性+10%に。

3,赤チョコボに手順「2」で作ったモンスターを入れ、
白:火耐性+45%を押し出す。

4,赤チョコボにピコチューLv1を入れると、
黄鍵が解除され、優先度が上のアンサンブルが入って完成。

トリフィドLv1はチョコボLv7でもおk。
いずれも大平原:晴れ、集落前で出現し、
チョコボに至っては100%仲間になるので集めやすい。

モーグリ投げで仲間に

DLCスノウ追加シナリオでキチュー、ピコチューが再入手可能な模様。
購入者以外は付けない方が良いかも。

完成!

クェ!クエェェェ!!
ちゅんちゅん突かれて消えていく敵モンスター達・・・。

素早い攻撃と高い攻撃力でとっても強力な赤チョコボ。
本編攻略もこれで十分wDLCの強敵にも通用!

物理耐性持ち相手だと
やや時間がかかるかもしれないが、

そこはでカバー(゚∀゚)

コマンドアビリティも付ければさらに強化できる。

6、最後の仕上げ:コマンドアビリティ

ハイボルテージ
自身のHPが一定以上の時、物理・魔法攻撃が増加
イェーガー型Lv13:アガスティアタワー200年:51階

ルインガ
範囲魔法攻撃。雑魚一掃用
物理特化育成なので無くても構わない。
スクタリLv20:大平原:雷以外:中央や南部

必要素材モンスター

継承用モンスターに使うアイテムは何でも良い。
さっさとギルで買って必要Lvまで成長させてしまうのが一番効率が良い。

【物理攻撃+35%】
・トンベリLv24:ビルジ遺跡300年:レア

【魔法耐性+36%】
・ニャオマオLv23:大平原:雨:西部

【物理耐性+36%】
・タバスコガマLv68:ネオボーダム003年
マップ東の満ち干の浅瀬

【HP+30%】
・ネコマタLv54:ヲルバ郷400年:砂浜

【チェーンボーナスUP改】
ジュエンダンLv30:ヲルバ郷300年:強敵オン

【ロール同調】
・エーゲル自律機雷Lv30:ヲルバ郷-200:砂浜

【攻撃してATB回復】
・ランツクネヒト型Lv1:アカデミア500年

【アスピル系回復UP改】
・フェヒター型Lv18:アカデミア400年:要ゲート閉じ
・チュネルペトンLv45:ヤシャス山-110年

フェヒター型の入手メモ
アカデミア400年の路地裏エリアに固定出現。
南か北、近くにもう1体居る。
戦う前にセーブし、2体倒しても仲間にならなかったらロード。
ゲートの閉じ方とリバースロック入手法

全モンスター出現場所一覧』で探してみたり。


▼関連記事

モンスターを仲間にするコツ・継承ルール
おすすめ継承アビリティの効果と付け方
効率良くギルを稼ぐ方法
成長アイテム入手方法
連射機で成長アイテム余裕過ぎる

プラチナFF13-2のトロフィーの取り方、攻略法まとめ

■気になるアイテム
FINAL FANTASY XIII-2 オリジナル・サウンドトラック
シナリオアルティマニア 
バトルアルティマニア(モンスター育成が捗る)
連射機コントローラー(放置レベル、成長アイテム稼ぎ等)

  • 拍手 参考になった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてブしとく
このページのURL

FF13-2 の人気・おすすめ記事

矢印 FF13-2攻略TOPへ戻る


今売れてるゲームとか

ページの1番上へ戻る