トロフィー攻略DE.com > ポケモンXY >

努力値稼ぎの方法と場所まとめ

努力値稼ぎの方法と場所まとめ

群れバトルによる努力値稼ぎまとめTOP画像

XYでは「スパトレ」という、努力値を誰でもわかりやすく振る事ができるシステムがあるが、
新要素の群れバトルでは[ポケルス]+[パワー〇〇系]で1戦[+50~60]も稼ぐ事ができ、
これらが無くても効率が良いため、努力値稼ぎ作業が本当に楽に。

以下で群れバトルで効率良く溜める方法と、おすすめの場所などをまとめた。

サン・ムーンの努力値稼ぎの方法・場所等はこちら

オメガルビー・アルファサファイアの努力値稼ぎはこちら

▼目次

ポケモンXYのレベル上げはレストランがお勧め

スポンサードリンク

稼ぎ方・準備

▼群れバトルでガッツリ稼ぐ重要ポイント

  • 技[あまいかおり]を持つポケモンの用意…使う事で高確率で群れバトルが発生
  • 全体攻撃(なみのりやじしん等)を使えるポケモンの用意
  • [学習装置]をオンにし、手持ち全員に努力値(100%)を入れる
    =いちいち交換する必要無し!複数同時育成も可。

▼手持ちポケモンの並び方の例(学習装置オン)

  1. 群れ一掃用の強いポケモン
  2. 育てたいポケモン(ポケルス感染推奨+パワー〇〇)
  3. [あまいかおり]要員
  4. 秘伝技要員など

あまいかおりを覚えたり、全体攻撃を持つ作業用お勧めポケモンはこちら

後は稼ぎ場所で[あまいかおり]を使い、該当する群れを倒すだけ。

▼例:素早さ+1のキャモメの群れ(5匹)を上記設定(ポケルス&パワーアンクル持ち)で倒すと…
キャモメ1体[+1]にパワーアンクル効果+4)で[+5]×5匹分で【素早さ努力値+25】、
さらにポケルス2倍効果で【素早さ努力値+50】

稼ぎ場所一覧表

群れバトル(5匹同時出現)が発生し、なおかつ努力値が稼ぎやすい場所まとめ。

雨の場合は[あまいかおり]が使えないので他の稼ぎ場所に移動してみる
各項目で上の行の場所ほどおすすめ。出現率が高く稼ぎやすい。

能力値 場所 群れバトル対象ポケモン
HP 5番道路 ゴクリン(+1)
20番道路 タマゲダケ(+1)
地つなぎの洞穴 ゴニョニョ(+1)
こうげき 19番道路 ウツドン(+2)、アーボック(+2)
※雨の可能性が高い
14番道路 マダツボミ(+1)、アーボ(+1)
※雨の可能性が高い
5番道路 ズルッグ(+1)
ぼうぎょ 18番道路 イシツブテ(+1)、アイアント(+2)
ついの洞窟 イシツブテ(+1)
とくこう 21番道路 パッチ―ル(+1)
フロストケイプ バニプッチ(+1)、ムチュール(+)
7番道路 コダック(+1)、ロゼリア(+2)
12番道路 メリープ(+1)
※特性[せいでんき]のポケモンを
瀕死で先頭に置くと出やすい。
とくぼう 7番道路 ハネッコ(+1)
うつしみの洞窟 マネネ(+1)
21番道路 チルット(+1)
すばやさ 8番道路 キャモメ(+1)、スバメ(+1)
12番道路 スバメ(+1)
地つなぎの洞穴 ズバット(+1)

【こうげきの努力値&雨対策】

暫定かつ他能力値と比べてだが、XYでは[こうげき]の努力値が微妙に稼ぎにくい。
稼ぎ場が雨で[あまいかおり]が使えない事が多いからだ。

▼対策

1、ドーピングアイテムを使う場合は[タウリン]で先に攻撃の努力値を100まで上げてしまう。

2、この際19・14番道路でスパトレに励むw
「こうげき」のトレーニングはLv3(+12)の中でもかなり簡単。その後に高確率で攻撃の努力値が加算されるサンドバッグを貰えるので、それも叩いてさらに加算。作業中に雨が晴れたらラッキー♪

3、パワーリスト[攻撃の努力値+4]を持たせ、別の群れポケモンを倒して稼ぐ
例えば[こうげき]と[すばやさ]に振る予定なら、パワーリストを付けてキャモメの群れを倒す等。
ポケルス無しで[+20]有りで[+40]。雨の中粘ったり、出現率低めのズルッグを狙うよりも安定。

XYでは1つの能力の努力値が252で止まるため、[無駄に溜め過ぎた]という事は起きない。
よくある252,252,4のような、[こうげき]以外に252まで振る能力がある場合にのみお勧め。

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

作業向けおすすめポケモン

群れバトルを利用した努力値振りの作業効率アップに。

あまいかおりを習得するポケモン「手軽」

()内は習得レベル。

  • 7番道路:ロゼリア(Lv31)、ペロッパフ/X版(Lv1)、シュシュプ/Y版(Lv1)
  • 6番道路の長い草エリア:ナゾノクサ(Lv5)
  • 14番道路:マダツボミ(Lv29)
  • 15番道路:タマゲダケ(Lv24)
  • 16番道路(黄色の花)、19番道路(紫の花等):ウツドン(Lv29)
    →ウツドンはゲットした時点から既に覚えているので楽。

[あまいかおり]さえ用意できればほとんどOK。全体攻撃には秘伝マシンの[なみのり]でも可。

▼作業用として、以下のポケモン達を使う人も多い。

トロピウスが便利(おすすめ)

あまいかおり+全体攻撃+秘伝技習得。1人三役!

  • あまいかおり(Lv21習得)
  • じしん(技マシン26:22番道路:要なみのり,かいりき,たきのぼり(参考動画))(敵一掃用)
    →他には[じならし:技マシン78(ミアレシティ購入)]や[はっぱカッター:Lv11習得]
  • そらをとぶ(移動用)

手持ちを圧迫せずとても便利なのだが、残念な事に野生では出現しない模様。

▼トロピウスの入手方法

  • GTSで探す(見たことが無い場合は[欲しいポケモン]>[入力]で[トロピウス]と打てばOK)
  • GTSに適当なポケモンを預け、欲しいポケモンにトロピウスを設定して釣れるのを待つ
  • クリア後のフレンドサファリ(フレンドコード交換必要)
    等、とにかく他所から連れてくるしかない。

その他おすすめの努力値振り用ポケモン

▼オノノクス
特性:[かたやぶり]でイシツブテ等の[がんじょう]貫通。じしん(技マシン26)で一掃。なみのり可。
…地つなぎの洞穴で[キバゴ(かたやぶり)]捕獲後、LV38オノンド、Lv48オノノクス。

▼フシギバナ
あまいかおり(LV23)。じしん(技マシン26)、花吹雪(Lv50/草/物理威力90/全体)
…プラターヌ博士から[フシギダネ]を貰っている場合。

GTSにもゴロゴロしているので探すか希望を出しておいたり。

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

スパトレと群れバトル、どっちが良い?

結論から言うと、
[全体攻撃で敵を一掃できれば]群れバトルの方がほとんどの場合において効率が良い

順位 環境 対象ポケモンの努力値(群れバトル)
+1 +2
1. ポケルス+パワー系 50 60
2. パワー系を持たせただけ 25 30
3. ポケルス+きょうせいギプス 20 40
4. ポケルス又はきょうせいギプス 10 20
5. なにも無し 5 10

スパトレの効率は上の表に当てはめると良くても4、または4と5の間程。
逆に全体技が無いと極端に群れバトルの効率が落ちるので注意。

圧倒的な効率だが…

最高の効率を出すためには、
パワー系は最低クリア後&バトルハウスで戦闘を繰り返す必要あり、
ポケルスはネット掲示板で交換をお願いしたり、GTS/ミラクル交換で粘るしかない等、
環境を揃えること自体に時間が掛かりやすい。

スパトレはゲーム開始直後からなんの準備も必要とせずすぐ利用できるのが強み。
クリア前の他、主力数体程度しか鍛える予定がない人は、
上記を揃えようとするよりもさっさとスパトレを行った方が早く済む場合も多い。

プレイスタイルや進行状況に応じて柔軟に。
大きく群れバトルで稼ぎ、最後の微調整等にスパトレを使う人も多い。

お金があれば事前にドーピングで効率アップ

タウリンやインドメタシン等、
きそポイント(努力値)を上げるアイテムを始めに使う事で作業時間を短縮できる。

[ポケルス]+[パワー〇〇]が揃っている場合はそれほど必要性を感じないが、
それらが揃っていない状態、
中でもスパトレで鍛えようとしている場合には特に効果が高くおすすめ

努力値が溜まる程スパトレのミニゲーム内でのシュートの威力や動きも良くなる仕様のため、
クリア時間の短縮はもちろん、
最初から高レベルトレーニングにも挑戦できかなり効率が上がる。

各ドーピングアイテムはクノエシティのポケモンセンターで買える。(安売りパワー使用推奨)

【ドーピングアイテムの効果について】
ドーピングアイテム1つで努力値が+10される。
努力値が合計100になるまで使用でき、既に合計100以上溜まっていると使用できない点に注意。
つまり、1番最初に10個使うのがベストという事。

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

努力値の確認とリセット

check 努力値の事はわかったけど、もう育っちゃってて遅いよ…
checkやば…振り方を失敗したかも…
check 努力値がちゃんと最大まで振れたか確認したい

といった場合は以下の方法を。現在値を正確に確認する方法や0にリセットする方法もある。

最大まで溜まったか確認する方法

スパトレでの努力値が最大になった様子 左の画像は努力値が最大まで溜まったホルビー。
グラフ右の縦のゲージが努力値の総量。
満タン(510)になった状態だ。

努力値が最大510になるとスパトレでは
[パーフェクトポケモン]として扱われ、
画面左上にマークが表示される。
通常は★無し。裏スパトレの制覇で★が付く

六角形のグラフ内側の緑色が能力の特徴[通称:種族値]、黄色が努力値の溜まり具合を指す。

努力値が一部(252)、または総量最大510になっている場合、
努力値が入るサンドバッグを使おうとすると[使うことはできません]と表示される。

最大になったかどうかの確認は、本作ではスパトレ画面で済ませる事ができて楽。

正確な数値の確認&リセット

努力値の確認方法 スパトレでは[まっさらバッグ]という
全項目の努力値を0にリセットするサンドバッグが手に入る。
これを叩いて効果を発動させれば努力値を0に戻せる。

また、消える際にそれまで溜まっていた努力値の数値が表示されるため、応用すれば努力値の確認にも使えてしまう。

セーブをした後、[まっさらバッグ]を使って努力値確認。
その後リセット(L/R+STARTorSELECT)

とても便利な効果なので、常に1つはストックしておきたい。

▼まっさらバッグの入手方法
[なんの効果も無いただのバッグ]を叩きづけているとたまに入手できる。
確率は低めなので狙う場合は根気よく叩く必要がある。
バッグが12個になると新しいバッグが手に入らなくなるため、捨てるか適当なポケモンに使う。

デンジャースープでも初期化可能

努力値の初期化は「まっさらバッグ」の他に、
ミアレシティの”しるや”にて[アッキのみ]×[タラブのみ]で作る事ができる、
[デンジャースープ]を飲ませる事でも可能。

努力値の確認には使えず1日1回しか行えないが、
きのみ畑で量産できるのでまっさらバッグと異なり入手に運が絡まない。

アッキのみ、タラブのみは突然変異を繰り返して入手できるものなので、
量産体制を築くまでには日数が掛かる。
きのみ畑攻略、突然変異の組み合わせ

全部リセットしたくない。一部の努力値だけを下げたい場合は?

特定の能力の努力値だけを下げられるアイテム「きのみ」がある。
詳しくは後述
努力値を下げる方法

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

ポケルスとは、入手法は?

▼ポケルスって何?
戦闘終了後に3/65536の超低確率で発症し、永続的に獲得努力値が2倍になるというもの。
道具やスパトレでの獲得努力値には影響無し。
作業の手間・時間が半分になる他、道具枠も圧迫せず良いことだらけ。

▼例えば…
キャモメ(素早さ+1)をパワーアンクル(素早さ+4)を持たせて倒した場合、
(1+4)×2=[10]
最後に2倍される感じ。

▼増やせる(うつせる)
ポケルスは戦闘終了後に手持ち上下のポケモンにうつる事があるため、
もし手に入れたらすぐに他ポケモンにどんどんうつして増やしておく。

毎日00時00分に一定確率でポケルスが治癒し、治癒後はうつらなくなるので注意(2倍効果は残る)。
ボックスに預けておけば治癒を防げるため、最低1匹はボックス内に感染用として残すべし!

ポケルスを残しておけば次回作の育成にも役に立つ事が多い。

ポケルスの入手方法

絶望的に低い確率のため、戦闘で発症させるのは現実的では無い。
知り合いに貰うか、GTSやミラクル交換を繰り返し、ポケルスが付いてないか確認してみると良い。

感染している場合、ボックス画面であればタイプの右横に[ポケルス]と表示がある。
既に治癒済みの場合は「ピンク色の小さいニコニコマーク」のようなものが付く。

本作は群れバトルとパワー〇〇系の道具を併用するだけでも大分効率が良いため、
そこまで必死にならず、育成の片手間にでも探してみるくらいで良いかも。

努力値+1のポケモンを倒した場合、
前作BW2はポケルス+パワー系でやっと[+10]。XYは群れバトル+パワー系だけで[+25]。
とても楽になっている。

以下の記事では画像付きでもう少し詳しく紹介している。
ポケルスの感染方法・表示・うつし方等

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

努力値を増やすパワー〇〇シリーズとは?

パワーアンクルやパワーリスト等のアイテムを指し、
ポケモンを倒す毎に、それぞれ対応した能力の努力値に[+4]のボーナスが加算される。

パワーウェイト:HP+4
パワーリスト:攻撃+4
パワーベルト:防御+4
パワーレンズ:特攻+4
パワーバンド:特防+4
パワーアンクル:素早さ+4

クリア後のキナンシティ[バトルハウス]で各BP16と交換して入手可能。
1回勝てば1BP。連勝していくと一気に20BP等が貰えるが、バトル初心者には結構敷居が高い。
地道に溜めるにしても時間が掛かるが、それだけの価値はある

以下の方法ならクリア前から入手可能。バトルが苦手な人向け。

PGLアトラクション第2弾の景品にパワーシリーズが!
→ポケマイルを消費してクリック連打ゲーだけでゲット可(ランダム)
現在XY向けのPGLサービスは終了している

BPはポケモンバンクの利用でも貰える
→ポケモンバンク(300円)を利用し、預け続けるだけでOK(時間が掛かる)

これらの方法を併用しながら集めていくと効率が良い。

次点の【きょうせいギプス】

15番道路の右側にある荒れ果てたホテル外観(要:いわくだき)にて入手可。

効果:バトル終了時に得られる努力値が2倍になる。ポケルス感染済みなら4倍。
パワー系入手までの繋ぎに。

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

努力値を下げる方法

特定の「きのみ」を食べさせることで任意の能力の努力値を下げる事ができる。
こちらはタウリン等のドーピングアイテムと違い、使用数に制限は無い。

▼[なつき度]が少し上がる効果もある

  • ザロクのみ…HPの努力値を10下げる
  • ネコブのみ…こうげきの努力値を10下げる
  • タポルのみ…ぼうぎょの努力値を10下げる
  • ロメのみ…とくこうの努力値を10下げる
  • ウブのみ…とくぼうの努力値を10下げる
  • マトマのみ…素早さの努力値を10下げる

いずれも7番道路のきのみ畑にて「突然変異」でのみ入手できるきのみ。

振り間違えてしまった時の修正や細かい調整をしたい時など役立つので、
きのみ畑で量産しておくと良い。

詳しくは
きのみ突然変異の組み合わせ、入手方法

そもそも基礎ポイント(努力値)とは?

初代から存在した隠しパラメーター。捕獲時は「0」。主に野生のポケモンとのバトルや一部のアイテムの使用で溜まっていき、一定値に達すると[レベルアップとは別に能力値が上昇]する。
ネット上ではこれを[努力値(どりょくち)]と呼び、広く浸透している。

例として、努力値0と最大まで溜めた場合では、
Lv50の時点で31,Lv100だと63まで能力差が広がる。(詳しくは後述)

試しにゲットしたてのポケモン(努力値0)を、
スパトレでも良いので一つの能力値のきそポイント(努力値)を伸ばし続けてみると良い。
レベルアップもしていないのにその能力が上がるはず。

素早さが[1]違うだけで先攻後攻が分かれ、
HPが1残るか否かで戦況が大きく変わるポケモンにおいて、この数値差が与える影響は大きい。

努力値の上限

[レベルアップとは別に能力値が上昇]と聞くと夢のようだが、しっかりと上限が設定されている。

1体のポケモンにつき総計510までが上限となっており、
HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さ、
6つの能力値にそれぞれ1つの能力につき252ポイントまで溜められる。
旧作と異なりXYでは自動的に252で止まるようになった。

例えば道具やポケルスも無しで[とくこう]に努力値を振る場合、
パッチ―ル(+1)を252回倒す必要が有り、これは正直大変過ぎる(‘A`)
スパトレや道具、ポケルス、そして群れバトルがいかにありがたいか…。

上限が設定されている中、どの能力にどれだけ努力値を割り当てるかが重要になってくる。

何も考えずに育てられたポケモンと、
バトルに特化した能力値だけに努力値が振られたポケモンとでは当然大きな差が生まれる。

能力値への反映のされ方[4の倍数]

努力値は4で割られ、端数は切り捨てとなる。
複雑な計算式が実際にはあるが、レベル100と想定した場合、努力値「4」に付き能力が[1]増える。
上で[レベル100だと63まで能力差が広がる]と書いたが、[能力値1つの上限252÷4=63]という感じ。

4の倍数でなければ多少無駄になってしまうため、これらを考慮して努力値を振るのがベスト。
仕様上、努力値は総計510まで溜まるため必ず[2]余る。

難しくなってきたが、ポケモンXYにおいては1つの能力値に溜められる努力値が252までなので、
無心で一つの能力の努力値を上げて行けば自動的に無駄のない数字でストップする。
→過去作では255まで溜まってしまっため、戦闘回数にも気を使う必要があった。

気を付ける点をまとめると、[中途半端(4の倍数でない)に努力値を溜めない]これだけだ。
と言っても最初はよく分からないと思うので、まずは以下の振り方を参考に。

↑一番上へ戻る記事の一番下へ

どこに努力値を振るのがおすすめ?

ポケモン毎に長所・短所があり伸ばすべき点も異なるが、
お勧め&よく選ばれるのは「長所を含む2つの能力値に努力値を振る」(通称:極振り)という方法。
シンプルかつ無駄が無く、対戦でも強くなりやすい伸ばし方。

▼努力値の振り方の例

  • ミュウツー(Y型含む):[とくこう]に252、[すばやさ]に252
  • ミュウツーX型想定:[こうげき]に252、[すばやさ]に252
  • ガブリアスやカイリュー等:[こうげき]に252、[すばやさ]に252

いずれも[6]残るので、その内[4]はHP等に振っておけばOK。誤差。[2]は必ず余る仕様

ポケモンの長所・短所(種族値)も参考に

ポケモン毎の能力の特徴は[種族値]と呼ばれている(非公式)
カイリキーは攻撃が高い、ハピナスはHPが多い…等、これらの特徴はスパトレ画面でも確認できる。

スパトレでのミュウツーの様子
左の画像の六角形のグラフに注目。
黄色が能力毎に溜まっている努力値
内側の緑色がポケモンの能力の特徴(種族値)
・右の縦長のゲージは努力値総量(最大510)を表す

ミュウツーは[とくこう]と[すばやさ]が高い事がわかる。
反面、[HP]や[ぼうぎょ][とくぼう]は低く打たれ弱い。

これらの特徴を見ながらどこに努力値を振ろうかを決めるのも有り。
短所を補うよりも、長所を伸ばすように努力値を振るのがおすすめ。

どの能力に振れば良いかわからない
という人は、[第6世代対戦考察wiki(LINK)]などを参考にしてみると良い。
自分も含め育成初心者には指針になってお勧め。


 ↑一番上へ戻る

XYではこれまで敷居が高かった努力値育成がわかりやすく、簡単になっているので、
見送っていた人が始めるには良い機会になりそう。

■関連記事
スパトレの攻略・進化の石や努力値稼ぎの効率等
経験値稼ぎはレストランで

オメガルビー・アルファサファイアの努力値稼ぎはこちら
ポケモンBW1と2の努力値稼ぎ場所まとめはこちら(別窓)

  • 拍手 参考になった!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてブしとく
このページのURL

ポケモンXY の人気・おすすめ記事

矢印 ポケモンXY攻略TOPへ戻る


今売れてるゲームとか

ページの1番上へ戻る